×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NPO法人                                京都のNPO法人 着物着付け学院 ゆうび和装学院

ゆうび和装学院 ゆうび和装学院
学院のご紹介
教室のご案内
行事紹介
お問合せ
サイトポリシー
出張着付け致します。
ゆうび和装学院
〒601-1423
京都市伏見区日野西風呂町49
お問合せは075-571-8571までお気軽に
着物姿は男子も救われる。
最近は、日本の精神を学びたいと、外国の人が日本の武道に、熱心に取り組むことも珍しく ありません。そんな中で、「居合い」は彼らに人気のある武道の一つです。
日本人、外国人が、混ざって稽古している風景を見ていると、不思議なことに気がつきました。
それは、本来ある体型の差を、あまり感じないということです。
原因は、袴にあるようです。皆が、一様に袴を着けて稽古をするのですが、それは、着けている 人の下半身を、大きく見せる効果があります。
武道の稽古は礼に始まり、礼に終わります。
私と一緒に稽古をするニコラスさんはスペインの人ですが、かなり素敵な体型をしています。
その身長は、百八十センチあまりですが、隣に立つ176センチの私より、10センチも上に彼の 肩があります。ところが座礼のために、正座すると、彼の肩は私より少し下にきます。
そのことを彼に伝えると、彼の応えは「あなたは、姿勢が良いからそうなるのでは?」ですって。
もうすでに、日本の心を得とくしたのか?生まれもっての彼の資質か?
どちらにしても手ごわいやつです。